2014年04月03日

ヤンキースイチローが開幕出場なし

イチローは以前からやはり歳をとったので、そろそろ引退を考えてもおかしくないのではないかと言われていましたが、とうとうベンチスタートとなってしまいました。

ヤンキースのイチロー外野手ヒューストンで行われたアストロズ戦でメジャー14年目の開幕を迎ました。


出場機会はなく胃かいようで故障者リスト入りした2009年を除いて初めて開幕戦をベンチにいたそうです。

2-6で試合はヤンキースが敗れた。

「めっさ、くやすぃーねぇ。こういう形になるのはわかっていたことだから」

3月下旬には「控えの役割に甘んじているが、自分自身を毎試合先発するに相応しいと思っているか」と質問された。

専属通訳のアラン・ターナーの通訳が終わらないうちに「I can still do it. No. That’s stupid.(僕はまだ先発でできる。本当に、馬鹿げた質問だ)」と返していました。

張本 勲(はりもと いさお)によるとほとんどの選手がだいたい35歳あたりから衰えはじめ、動体視力が落ちて打てなくなるものだと、番組で言っていたのを聞いたことがあります。


イチローも少し白髪が目立つようになったような、筋肉が昔よりも減って体が細く見えるようにも思いました。



posted by ぴりりんこり at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92347401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック