2012年05月18日

小林すすむが胃がんと肝硬変で死去

小林すすむ(本名・小林進)が16日午後10時45分に死去。


死因は胃がんと肝硬変のためによるもので16日午後9時頃に危篤状態となった。


2月に余命2週間と診断されていた。


小林すすむは1980年代にお笑いトリオ「ヒップアップ」で人気となり、その後は俳優をやっていた。


数年前から肝臓を悪くしていて今年2月、映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」(9月7日公開)の撮影終了後に倒れた。


進行した胃がんが見つかり末期状態だったという。


ドラマ「花より男子」では牧野つくしの父親役で出演し、共演者もお見舞いに来たという。


交友関係ではヒップアップの島崎俊郎(57)川上泰生(58)、お笑い仲間の山田邦子(51)、映画「踊る大捜査線」シリーズで共演した織田裕二(44)、明石家さんま(56)、ラサール石井(56)渡辺正行(56)、井上真央(25)と松本潤(28)、小栗旬(29)などがいたそうで、人間関係が広いですね。


穏やかな人柄という役が多かったですが、実際にもそういう人物だったのでしょうね。



胃がんというのも死因では多いがんだったと思いますし、医学が進んでいてもやはり早期発見は大事なのですね。





posted by ぴりりんこり at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55926837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック