2012年05月18日

若い頃に海外留学をしておいた方が良い

有名な人物とか、社会に影響のある人物ではよく若い頃に海外留学経験があるとか、父親の仕事の関係で数年海外で生活をしていたなど経験がある人も多いです。



海外に行くと日本とはまた違う世界があり、日本の価値観や習慣から離れ情報が増えることと、世界は広いんだと認識することで、目標や希望を持つことも多いようです。



また海外に行くとよそ者であったり転校生的な存在でもあるので、苦労することも多く、真面目に将来のことを考えるきっかけにもなるそうです。



英語が話せない、言葉が通じない会話ができない、文化生活習慣の違い等で最初は戸惑うこともやはりあるみたいです。



また会社の息子などは海外に留学させることも多いですね。



海外生活の経験がある人では、孫正義、平子理沙、秋元康、麻生太郎、鳩山由紀夫、鳩山幸、萬田久子、内田恭子、木村佳乃、ミッツマングローブ、水島ヒロなどがいます。



どうせ行くならば興味とか好奇心の強い年齢の時期に行った方がいいですね。


いろいろ挑戦しやすい時期とか、疑問をぶつけ質問をしやすい時期の方が取り入れやすい気がします。




本木雅弘の息子もイギリスの寄宿学校に留学しているそうです。

posted by ぴりりんこり at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55926345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック