2011年04月23日

中田英寿の実業家の顔◎東ハトやサニーサイドアップ、株主

中田英寿さんは株式会社東ハト執行役員になったということでも話題になりましたが、元々頭が良い、勉強する人間だったということもあり、経営関連にも興味があるようですね。

ジャスダック上場のマネジメント会社サニーサイドアップの株式を保有していて時価総額はだいたい3000万円ほどなのだとか。

今は見かけることは減ったのかなという印象もありますが、世界を旅することができるほど余裕はあるでしょうし、海外チームに所属していたので年俸もかなり高かったのでしょうかね。

その上CMやスポンサー契約などを足すとかなりの資産は保有しているのでしょうかね。

現在のところはそんなにサッカーに関係する仕事に関わっているようでもないですし、違う道を徐々に模索中でしょうか。


posted by ぴりりんこり at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

佐良 直美(さがら なおみ)と巴工業、大株主で配当金の収入もあり

佐良 直美(さがら なおみ)さんは芸能界を引退のような休業のような形で遠ざかり、復帰して話題になりましたが、実業家としての経歴の方が長いでしょうかね。

さらなおみと読んでしまいそうですがさがらなおみさんなのですね。

祖父が設立した、実家の遠心分離機製造や化学工業製品販売会社である一部上場企業巴工業の手伝いをした時もあり、現在も大株主で10〜20億円ほどの時価総額があり、配当も年に2000万円ほど張ってくるそうです。

株価の変動が激しい時代でもあり下がることもあるでしょうが、配当ももらえ、その後株を売却することもできると考えればかなりの資産は保有しているでしょう。

自身でも事業を立ち上げ、栃木県那須塩原市で家庭犬のしつけ教室『アニマルファンスィアーズクラブ(AFC)』を主宰しているそうです。

実家の会社に入社したり、実家の付き合いから他の企業に入社することも可能でしょうし、お金には困らないでしょうね。

posted by ぴりりんこり at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人

=城石 憲之。テレビ東京アナウンサーの大橋未歩の夫

城石 憲之(しろいし のりゆき)さんは元プロ野球選手でしたが、現在は一軍コーチを担当しています。

夫人 はテレビ東京アナウンサーの大橋未歩さんです。

なんでも城石 憲之さんは古田敦也さんの遠い親戚なのだそうですね。

そういうこともあってか選手会長も任されるなどチーム内での信頼感は高いようです。

城石 憲之さんの実家は建設業を営んでおり、御曹司という表現もなされますが、儲かっている会社なのか、それともぼちぼち利益を出しているほどなのか程度は分かっていません。

上場企業などの大企業の場合には超お金持ちとかそういう表現が多いので、御曹司という表現は現時点ではごくごく普通の会社と言うことでしょうか。

城石 憲之さんの去就を考えると父親の会社を継ぐという道でもないですね。

もし実家が経営状態の良い会社だった場合には戦力外になっても、解任されても生活には困らないことでしょう。

posted by ぴりりんこり at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

DEEP53に元プロ野球選手で総合格闘家の古木克明が出場

東京・後楽園ホールで行われた「DEEP53」に元プロ野球選手で総合格闘家の古木克明さんが登場して勝利を得たそうです。

プロ野球から一転格闘家ですからね。

全く違う分野の職業とも言えるでしょう。

筋肉を鍛えていたのでやれると思ったのか、前から格闘技に憧れがあったのか。

ある程度大人になっていたので適応するのも大変だったことでしょう。


「素直にうれしいです。まだ実感がわかないけど、妻に伝えたい」

「パンチ、蹴りともに自信がない。まだまだ、反省は多い」

松坂世代でドラフトの際には将来の4番バッターの期待が大きかったようですが、なかなかレギュラー定着とはなりませんでした。


小麦粉が値上げになる方針


posted by ぴりりんこり at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

◎王貞治さんの野球人生、巨人、ダイエー、ソフトバンクから

王 貞治(おう さだはる)さんはソフトバンク球団会長となりましたが、現在もチームの試合を観戦したり、帯同したりすることもあるようですが、そのほかの行事やイベントも数多く入っていて大変みたいですね。

役職は福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長、読売巨人軍OB会会長、日本プロ野球名球会会長、東京都名誉都民、東京都墨田区名誉区民、目黒区名誉区民、福岡市名誉市民、宮崎市名誉市民、日本プロ野球組織(NPB)コミッショナー特別顧問とかなり多いものとなっています。

生まれたところ、育ったところ、プロになって住居を構えたところ、プロ野球監督を過ごしたところなどがあるでしょうかね。

早稲田実業学校から読売ジャイアンツ、読売ジャイアンツの監督、ダイエーホークスの監督、ソフトバンクホークスの監督、福岡ソフトバンクホークス取締役最高顧問、福岡ソフトバンクホークス取締役会長となりました。

王貞治さんは引退後は巨人の監督となっていますが、辞任後は巨人とはやや疎遠になった風でもあるでしょうか。

監督時代には長島監督時代の選手が主力選手となり、衝突することも多かったのだとか。

納会前に前監督である長嶋さんの別荘に集まって遅刻したとか、中畑清さんの王監督批判発言が録音テープに記録され週刊誌にも出て騒ぎになったということもあったそうです。

王 貞治さんにとって巨人監督時代はあまり良い成績も残せず、チームの内紛、ファンの評価などでやや苦労した思いが強いでしょうか。

その後ダイエーホークスの監督として要請があるものの、巨人一筋だっただけになかなか首を縦には振らなかったのだそう。

やはり球界の盟主と言われる巨人ですし、当時は人気のセリーグだったので都落ちという気持ちもあったのか。

その後は巨人時代同様勝って当たり前の態度で接したためにホークスの選手とは溝ができ、勝てず、ファンから批判されることもありました。

しかしその後はドラフトでよい補強をしたりとで戦力も整い始め、1999年、2000年、2003年にはリーグ優勝、そのうち2回は日本一となっています。

巨人時代とは違いホークスでは王監督を尊敬し慕う選手が増えている様子でした。

ホームラン記録は作ったものの、その後の監督時代には一転やや苦い思いをし、転落の下り坂人生にもなったとも言えますがその後は着実に経験を積み、WBCの日本代表監督にまでなりましたからね。

ダイエー時代には身売り騒動などもありましたが、ソフトバンクになってからは孫社長は敬意を持っているようで、王貞治さんも野球環境を整えてもらい感謝しているのだとか。

posted by ぴりりんこり at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

小麦粉を値上げ、製粉会社や菓子メーカー、パンメーカーもパスタなどは値上げも

製粉大手の日清製粉は、業務用小麦粉の出荷価格を6月20日から引き上げると発表した。
強力系小麦粉で25kgあたり330円上がる。中力系・薄力系小麦粉が215円、国内産小麦100%小麦粉が125円。

一般家庭の分はどうなるのでしょうかね。

一時期スパゲッティパスタも値上がりしましたが、また価格は下がったのかなという印象もありましたが。

今は円高なので海外産、とくにイタリアやトルコ産のものが安いかなという印象がありました。

4月に政府が製粉会社への小麦の引き渡し価格を平均18%引き上げた。

日清製粉と日本製粉と昭和産業が値上げを予定。

小麦粉を使用したパンや菓子も値上げの可能性も。

敷島製パンは値上げの方向で検討。

山崎製パンはできるだけ回避はしたいけれども検討。

森永製菓は値上げの予定はない。

原油高などの2008年の際には価格上昇がありましたが、小麦粉は必需品なので売れることには変わりないのかと思っていましたが、やはり売り上げは落ちるもののようですね。

こういう場合には米粉の利用も考えられそうですが、米産地で地震・津波があったのでまかなえないでしょうかね。

通販で海外産のパスタを購入することが多いですが、賞味期限も1年ほどあるので値上がりする前に買っておくのもいいかもしれません。



地震で移住や引越しが増える



posted by ぴりりんこり at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活