2011年03月29日

安室奈美恵が個人的に寄付、日本赤十字社へ義捐金を

歌手の安室奈美恵さんが東日本大震災の義援金5000万円を寄付したそうですが、以前から安室奈美恵さんは頻繁に寄付を行っている印象はありました。

なんとなく見過ごされがちな震災でも何かしら支援はしていますね。

01年のアメリカ同時多発テロの時には1200万円、05年のスマトラ沖地震の時には1000万円でした。

安室奈美恵さんの2000年代前半の時には年収は6000万円前後と出ていましたが、今はその時以上にブレイクしたので年収も増えたのか。

アムラー時代はまだ売れ始めたばかりということと、作詞作曲はほとんど行っていなかったので、そんなに年収は高くはなかったようです。

元々から金銭欲はなくブランドにはこだわりを持たない、あまりお金は使わないということも言われていたので、惜しむことなく寄付はされているのでしょうね。

posted by ぴりりんこり at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人

水や果汁ジュース、ヨーグルトなどが売り切れ

最近は買占めもなくなり商品もまだ並んでいるかなという印象もありますが、ミネラルウォーターやヨーグルトなどはけっこう品薄品切れかなという印象もあります。

やはり地震発生後に臨時休業したスーパーやコンビニも多く、もしかしたらこれが数日続くのではないかという不安から買い溜めする方が増えたり、営業していたコンビニに人が集中したりとそれらの影響もあったようです。

通常よりも9倍ほどの発注があったりとかなり消費されたのだとか。

買占めされて品切れ、次に買える時に買い溜めしておこうなど悪循環になったのでしょう。

今でも品薄商品は多いですし商品はどこへ行ってしまったのか気になるところです。

被災地へ優先的に運送されているそうですが、急激に商品が消えていました。

posted by ぴりりんこり at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

被災地で必要なものなど、やっぱり募金が一番役立つ?!

被災地へはいろいろと物資を支援したり、日用品食品等を持ち込む方も多いようですが、なかなか行き届かない場合も多いのだとか。

必要な物資はトイレットペーパー、ティッシュペーパー、衣類、汗拭きシート、サプリメント、衛生用品、毛布などの寝具などがあります。

なかなか個別に生活をする環境は整いそうにもない状況なので、やはり親戚を頼って遠くに移動されている方も多いようですね。

地震発生後からは被災者家族を受け入れる家庭も増えているのだとか。

被災者の方にとってはこれからの住居、子供の学校のこと、仕事は再開できるのかなどなど悩みも多いことでしょうね。

コンビニや銀行振り込みでの募金も盛んですし、1週間ほどで200億円の募金が集まったそうです。

テレビでも普通の番組に切り替わっていることも多いですが、日本経済のことを考えても他人事にはならないので忘れないことが大事です。

posted by ぴりりんこり at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

地震対策など、西日本へ避難する家庭も

最近は地震の話題が多くなっていますね。

日本ではここ数年は津波の影響もそんなにはなく、地震の倒壊面での被害が多いのかと思っていましたが。

家具が倒れないように設置しておくのも大事ですが、家が倒壊してしまえば意味もなくなってくるので、家の強度を増すことが大事でしょうかね。

あとは海から離れたところに住居を構えることも心がけた方がいいのかもしれません。

これからは日本の沿岸部分も津波対策が行われるかもしれませんが。

ここ最近は復興にかなりの時間が必要と予測されることから関西や九州に一時的に避難したり、そのままそこで生活することを検討されている方も多いようです。

posted by ぴりりんこり at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活